プロフィール

プー母

Author:プー母
「日々適当」

愛犬コーギーの『プップラ・チョッパー』と毎日ダラダラ~と過ごしています


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


犬ランキング参加中

ペットブログランキング
↑ポチッとお願い

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

チョッパーは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーデンパーティー

静岡県の朝霧高原にある『フィールド・ドッグズ・ガーデン』というところで、犬種別のイベントが毎年行われる

プーさんと初めて参加したのは2005年9月。
とても暑く、バテバテのプーさんでしたが、イベントの中で行われる競技に参加して「輪くぐり」で一等賞を獲った

次の年は大雨で中止になり、去年は4月のとてもいい季節に開催され、またまた参加。
DSC_0111
トンネルはくぐる前に柵を乗り越え失格し、




DSC_0947飼い主のところまで、いかに速く辿り着くかという競技では、ニコニコしながら笑顔を振りまくが、ほとんどが歩きでゴールまで時間がかかりなかなか到着せず、



DSC_1022 (2)それでも前々回一等を獲った「輪くぐり」では二人の華麗なるコンビネーション(?)で、2等賞

13歳のお爺ちゃんにしては良く走ったよ


今年のイベントが開催される連絡が去年末にあって、ついでに一泊の予定で参加する計画を立てていました
プーさんのお友達も山口県から合流し、イベント参加後は山中湖のペンションで一泊し、おいしいものを食べ、どこかで遊んで・・・・
きっと、これからはそんなに遠出が出来ることがないかもしれないと、情報収集に新しい旅行雑誌を買ったり、ネットで調べたり、ワンコと一緒でも入れる施設とか色々探したりしました

夏になって、泊まりたかったペンションの予約取れ、プーさんと行けるのを楽しみにしていたのですが、そんな矢先にプーさんの体調が悪くなったんです

もしかしたらイベントもペンションもキャンセルしなきゃいけないかな・・とも思いましたが、それでもここでキャンセルしてしまうと、もうプーさんと一緒に二度と行けない気がして「絶対治して元気に参加して、ペンションにも泊まってプーさんと一緒に旅行するぞ!!」とプー父と話して、キャンセルは亡くなるまで出来ませんでした。

一か月前、キャンセルしてしまったイベントが11月1日に開催されます
プーさんのお友達がたくさん参加されます

お天気が良く、みんな元気に走り回ってくれたら嬉しいな
スポンサーサイト

プーさん不在で

早いもので、もう一か月経ってしまいました

あっと言う間で、そんなに時間が経ってしまったんだ・・・と改めて思い返してみる。
早いなぁ・・

プー父から、たまに「プーに会いたいな」って携帯にメールが入る。
私も、居ないのわかってるくせに「プーさんは?」ってプー父に尋ねたり。

最初の頃は、夢でもいいから会いに来ないかな~なんて期待していたけれど、亡くなって一週間近く経った時に、なかなかお別れが出来なくて亡くなったプーさんをずっと布団に寝かせたままの夢を見て、動かそうとしたらプーさんが立ち上がって歩きだしたので、「やっぱりプーさん生きてたよ! 死んでなかったよ!」って嬉しくて叫んで興奮したら目が覚めた。
目の前にプーさんの遺影があって、ものすごくガックリ落ち込んでおお泣きしたっけ・・・

それからも、2、3回生きてるプーさんの夢を見たんだけれど、いつも嬉しくて興奮するのか、すぐに目を覚ましてしまい、慌ててまた夢を見ようと寝るんだけれど、なかなか続きが見れないんだよね・・残念。

夏は暑くて寄ってこなかったけれど、そろそろ寒くなるので、こたつを出すと必ず二人の間の掛け布団のところに寝そべってて、こたつに入ろうと布団を動かすと迷惑そうな顔をして見上げるプーさん。
毛皮着てるんだから、少しは我慢しろってね

いまアルバムの整理してるんだけど、昔は今みたいにデジカメでパシバシ撮っていたのと違って、フィルムだとロスが出るので、なかなかたくさん撮ったり、マメに撮ったり、カメラを持ち歩いてたりしないもんだから、小さい頃のプーさんの写真が極端に少ない。
img153
たぶんこのピンボケ写真が、プーさんの一番小さい時の写真だと思う。
これでも、家に来てから何日か経って、お散歩はまだでも外で遊ばせてあげた時のだと。



img155
外で飼うつもりだったから、首輪に慣れさせようと早くからつけてたんだけれど、かなり大きめのを買ってきて(当時売っているのは、だいだい合皮のごついタイプでほとんど単色)、重たそうにしてたっけ。

img198 (2)上の2枚のプーさんも生後三か月頃のプーさんの写真も、なぜかフィルムが紛失して無い!
どこを何度探しても、この頃のだけが残っていない
たぶん焼き増ししようとしてカメラ屋に頼んでおいて取りに行かず、そのうち閉店してしまったからだろうと思っている。

img185ププッ
お腹が赤ちゃんしてる

「まぁまぁ出来のいい写真」だけ残しあとは処分したと思うので、きっともっとほかにも「どうしようもない」プーさんが写っていたんだろうなぁ・・
そんなのでも残しておけば良かった

アルバムとネガを照らし合わせ、無い写真を焼き増ししてもらっているんだけれど、ネガも古くなっていて全体に黄色っぽい写真に出来上がってくる
アルバムの写真も色あせたり、日焼けしたり変色してるし・・・

カメラで写真を撮っていたみんな!
早めにパソコンに取り入れてCDにでも保存しなおしておいた方がいいよ~!

こんな悩みが

033そういえば、
外出から帰るのをいつも指定の場所で待つプーさん。

以前は出窓に上がって、そこで外を覗いていたが、歳をとってからはボードに登って、さらに出窓に上がる行為が辛くなったのか、玄関や駐車場が見える「ここ」で待っているか、隣室の和室の縁側で同じように窓越しにジッと待つ。


024ま、後ろ(室内)から見るとこんな感じ


さて、最近こんな悩みが・・・

窓ガラスにプーさんの鼻汁が沢山ついてて白く曇って汚い

いつもは月に何回か窓ふきしてたんですが、プーさんが居なくなってからしばらく考えてなかったが、ふと、掃除をしてて気がついた

「汚い、汚い」と簡単に拭いていた時と違って、今回は状況が違う・・
プー父に言ったら、
「年末の大掃除までそのままにしておいたら?」と。

こうなってしまうと、窓の鼻汁の痕も愛おしいし、壁紙についた黒い鼻汁の痕も、廊下のシミも畳の爪の痕も愛おしい。

出来ることなら一生このままにしておきたいよね
・・・ガビガビで汚いけど・・・

いまでも思う

DSCF0966意識も無く、無意識に嘔吐を繰り返していた最後の3時間。

すごく苦しそうだったけど、

プー父と私の声はプーさんには聞こえたかな

2人の顔がわかっただろうか

幸せだったと思ってくれただろうか

楽しかったって思ってくれただろうか


最近ますますプーさんを思うようになりました

頑張ってます

もう半月が経ってしまいました
みなさんからコメントいただいたのに、ちっともレスもせず冷たいプー母ですが、
元気に頑張ってます
ありがとぉ~

でも、まだまだ毎日何かの拍子にプーさんを思い出しては涙してます
外出先から帰ってくると、窓とカーテンの間から覗いて待っててくれたなぁ~とか、ドアを開けると足もとに寄って来て見上げてくれてたなぁ~とか・・

そんなに大きな家じゃないのに、部屋が家が異常に広く感じてしまい、そういえばプーさんの匂い(我が家では『プーさん臭』と言っていた)も無くなって来たような気がします。

いまだにどこからかプーさんの抜け毛が出てきて、廊下や部屋の隅に固まってフワフワしてたり・・
いつかこれも舞うことが無くなってくるんだろうか・・

もうこれからは老犬プーさんのことを書くことがなくなってしまったので、若かりし頃の思い出をこのブログに載せていきたいと思います


DSC00117 (2)そうそう、これこれ!
コギ友から譲っていただいた6年前のオフ会でのプーさん。
まだ8歳頃で、すでに下の前歯が2本抜けていたんですが、立ち姿も胸張ってシャンとしている。
セーブルの毛の色も濃く、富士額クッキリで、リキリキしてて、他のコギちゃんと喧嘩したり、集合写真の位置にも気をつかった私です。


poosan2
今年の4月のこの写真。
普段は四つん這いが多くなったのに、後足を気持ち程度に上げてオシッコしてる
前かがみでトボトボと歩くようになって、おっとりした性格になり、他のコギちゃんとの喧嘩も少なくなりました


DSCF1007
これは9月13日の写真でまだ元気でした
顔つきも年々お子ちゃまに戻って行って、穏やかな顔になったと思います
目がね、ギラギラしてないのよ(笑)

テーブルの下からおこぼれを狙っているプーさん。
こういう時はキラキラしてる

4倍の速さで

暗い話になりますが、プーさんがいなくなって思うこと。

人間がこうやって暮らしているよりもずっと早くワンコの一日が過ぎているということ。

ワンコは一年で4歳も歳を取るって聞きますよね。

FH000052そういうプーさんも、3年前の11歳の時に還暦を迎えました。
人間でいう60歳です。


8歳の時に歯磨きの怠りから虫歯が抜け、9歳には初期でしたが白内障の進行を抑える目薬を差し始め、たまに疲れからくる体調不良で下痢をするくらいで、14歳まで元気そのものでした

毎年、春にフェラリアの薬を飲み始める際についでに行った血液検査でも、11月に9種ワクチンをする際についでに診てもらう血液検査でも、いつも健康優良児で、還暦を過ぎてからでも元気な爺ぃだとばかり思っていました。

14歳を目前にした去年の末、プーさんのブログを始めました。
元気なプーさん。
タイトルの下に「老後とは?」なんて書いてみましたが、そんなもの関係ないかもね・・なんて軽い気持ちがあったことは確かです。

春に調子が悪くなって検査を受け、心臓が肥大していると聞いた時は、「いつの間に」ってびっくりしました。

夏にアカルスになった時も、「治る治る、治してみせる」って。
どちらの病気も、老犬になり、体力、免疫力、抵抗力が落ちてなる病気です。
元気だったら、健康だったら、なる症状ではないんです。

一年で4歳。
4倍も速いスピードで進むワンコの生活。

プーさんが亡くなるまで、最初の心臓の発作が起きて10日。
食欲が落ちて4日。なにも食べなくなって2日・・・。

人間だったら、発作が起きて1か月、食欲が落ちて半月、何も食べれなくなって一週間。

たった半月の出来事は、人間でいうと2か月も経つんです。

とても早いです。

前立腺も肥大してしまったプーさん。

歳を取りすぎてからの全身麻酔の手術は怖いです
そうなる前に、まだ若いうちに、繁殖をあきらめたら早いうちに去勢させてあげてください。
みんながみんななる病気ではないですが、もしなってしまったら大変です。
「去勢なんてかわいそう」って思う方もいるかもしれませんが、プーさんのように飲ませた薬が体に合わず、思わぬ負担になり急に体力を無くしてしまうかもしれません。
だからと言って効くか効かないかなんて飲ませてみなければわかりません。

でも、少なくても年老いてからの負担は無くなります。

DSCF0231 (2)みなさんのコギちゃんがいつまでも元気で長生き出来ますように。

いつまでも笑顔で微笑んでくれますように。

暗い話ですみませんでした

一週間経ちました

プーさんが逝ってしまって、早くも一週間経ってしまいました
気の弱い私なので、毎日プーさんのことを思いだしては涙しています

皆さんからいただいた綺麗なお花も少しずつ枯れて行って、一週間という時間の経過が嫌というほど身にしみます

たくさんの励ましのコメント、メール、本当にありがとうございます
本当ならちゃんと一人ひとりに返信しなければならないのに、気持に余裕のない私を許してください。
落ち着いたら必ず・・

楽しい時を思い出さなきゃ・・なんて思っていても、そのうち最近の病気のことばかり・・・
DSCF1016そういえば・・
最後にお風呂に入れてあげた時の画像がありました
これは9月14日です
お風呂を嫌がり、ドアを開けると逃げだそうとするんです

DSCF1203これは26日の画像です
のどが渇くのか何度も玄関から部屋に来るので、たたきから上がるのが大変かと思って玄関に水のみを置いてあげました
この頃から行動範囲が玄関だけになってしまったように思います
玄関からの段差も大変かと思い、中段に板で段差を作ってあげました
あご乗せて、ちょうどいい高さなの??(笑)

P1000030亡くなる前の朝、8時頃です
足が痛いのか、ずっとうつ伏せでジッとしていることが多くなりました

このあと夕方に病院へ連れて行くまで、何回かトイレに外へ行ったり、水を飲んだり、自分でウロウロと少しずつでも歩いていましたよ
最後まで頑張り屋さんでした
この画像が生きているプーさんの最後の一枚です

IMGP1649-10コギ友の、ちかてつママさんにいただいた画像です

今年の4月の末に、愛知でオフ会した時の画像ですよ

私はあまり写真に写りたがらないので、プーさんとこうやって写っている写真が少ないのでとても嬉しかったです

いい笑顔だね~プーさん
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。